FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2021年03月  】 

ウインクできたよ!

LINE その②

2021.03.31 (Wed)

 ウインクできたよ!...全文を読む

PageTop▲

ウインクできる?

LINE その②

2021.03.30 (Tue)

 ウインクできる?...全文を読む

PageTop▲

二人そろってやべえ

LINE その②

2021.03.29 (Mon)

 二人そろってやべえ※ほんのり"この恋~"の25話とつながってます。その後です。...全文を読む

PageTop▲

宅飲み>財布

LINE その①

2021.03.28 (Sun)

 宅飲み>財布...全文を読む

PageTop▲

25話 話せてよかった

この恋、終わるか始まるか。

2021.03.27 (Sat)

 25話 話せてよかった*****「なぜ、今日は僕とおしゃべりを?」「何故?」問われた意味がわからない、という顔をされる。本当に含みのないリアクションに、ただの気まぐれだったのだなと気づかされる。要は"ならば"と話を終わらせようとしたが、先に悠一が「何故…」と反芻した。首をひねる所作に、すこしときめいた。太い首には美しい筋が浮かびあがる。「一番話したことがなかったから、か?」「…僕に聞かれても」「相沢自身の...全文を読む

PageTop▲

24話 よかったら付き合わないか

この恋、終わるか始まるか。

2021.03.26 (Fri)

 24話 よかったら付き合わないか*****人波が引いたのを見計らい、隠れ家を後にする。リノリウムの床を鳴らしながら、とくに予定もないしさっさと家に帰るか──などと考えていると数十メートル離れた先、大股で真っすぐ前だけを見つめて歩く、例の人の姿があった。先日と逆のシチュエーション。彼は以前より早く要の姿に気が付き、わずかに口元をゆるめた。(あー…格好良い。というか、俺を見つけただけでそんな顔してくれるんだ)...全文を読む

PageTop▲

みんなの高校時代 その4(完)

LINE その②

2021.03.24 (Wed)

 みんなの高校時代 その4(完)...全文を読む

PageTop▲

みんなの高校時代 その3

LINE その②

2021.03.23 (Tue)

 みんなの高校時代 その3...全文を読む

PageTop▲

みんなの高校時代 その2

LINE その②

2021.03.22 (Mon)

 みんなの高校時代 その2...全文を読む

PageTop▲

みんなの高校時代 その1

LINE その②

2021.03.21 (Sun)

 みんなの高校時代 その1*****私事ですが、Twitterをはじめました。@haru_harusaradaアカウントを持つのははじめてのため、至らぬ点もあるかもしれませんが、皆さんと交流したいなーと思っているのでぜひ絡んでもらえると嬉しいです(*´▽`*)...全文を読む

PageTop▲

23話 芽吹きはじめる

この恋、終わるか始まるか。

2021.03.19 (Fri)

 23話 芽吹きはじめる*****今日も無事に講義を乗り切った。席に座っているだけで、なんの有事があるんだという話だが、妙な達成感を感じつつ講義室を後にする。休憩室までの道のりを半分ほど行ったところで、背後から「相沢クン」と華やかな発声で呼びかけられた。この声は。「コナーズさん、おはようございます」「ハァイ!うん、今日もとってもチャーミングだね。朝から君の顔を見られて、最高にハッピーだよ」「あはは、あり...全文を読む

PageTop▲

似合うと思う

LINE その②

2021.03.18 (Thu)

 似合うと思う...全文を読む

PageTop▲

オムライスマウント

LINE その②

2021.03.17 (Wed)

 オムライスマウント...全文を読む

PageTop▲

自炊してんの?

LINE その②

2021.03.16 (Tue)

 自炊してんの?...全文を読む

PageTop▲

ネコ日記と呼び間違いについて

未分類

2021.03.15 (Mon)

 この日記も久々になってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?わたしは、ここ1か月ほど体調をくずして療養しておりました。サイトを休止してしまう出来事があってから、1年以上経ったもののいまだ後遺症に悩まされておりますが、それでも一時期と比べると無事に生きているだけで十分かなと、適度に自分を甘やかしてあげながら過ごしている毎日です。おかげで、感謝することへのハードルがぐっと下がりました。皆さん...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その7

小説

2021.03.13 (Sat)

 お疲れ様の代わりに贈る その7*****いまだ赤みの残る頬の上、先ほどかすった髪の毛にふれて。「ありがとね、きもちよかった」「そこだけきくと、さいてー」「さいてーな想像はしないでよ」笑えば、智紀もつられて口角をあげる。ともあれキシリとした空気は拡散していた。互いに安堵したのを隠さずに、元の、普段のふたりの位置におさまる。肩なんて触れない、温度も感触も、風呂上がりのシャンプーの匂いだって感じ取れない、友人...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その6

小説

2021.03.12 (Fri)

 お疲れ様の代わりに贈る その6*****そこで、ふと沈黙がおちた。べつにいいんだけど、普通ならここで「じゃあ」と離すタイミングだよなと思った。実際秀治もすぐにやめるつもりで始めたが、あまりに気持ちがよくて妙に離れがたい。ちらりと視線をよこしてくる。微動だにしないのは肩口に秀治がいるので、首をすこしでも動かしたらどこかしら触れてしまうためだろう。どう見ても「まだ?」という顔だが、気づかないふりで話を続け...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その5

小説

2021.03.11 (Thu)

 お疲れ様の代わりに贈る その5*****なるべく彼のいう"紳士な秀治"の皮をかぶり、首をかたむけ、色素のうすい目をじっと見つめた。「腕だけだから、いい?」「腕?…いいけど、いいのうでで」「抱きしめてもいいの?さすがに困るだろう」「…いいよ、一瞬なら」まさかの回答に目を見張る。驚いた顔をしたのが気に食わなかったのか、彼のほうがむくれるように唇をとがられた。「本気?」「そういう服だもん。着てきたのおれだし、秀...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その4

小説

2021.03.10 (Wed)

 お疲れ様の代わりに贈る その4*****何を見せられているんだろうか、とうろんげな眼差しを送っていたら、ふいに袖から顔を離す。「……ねえ、」「なんだよ」「さわってみたい?」「大丈夫だ、間に合ってる」八重歯がのぞく笑顔に毒はないけど、正直怖い。即答するとあからさまなぶーイングが飛んでくる。「なんだよー触りたそうにしてたのにぃ」「それは、否定しないけど、どうせ何か企んでるんだろ?そう易々と乗らないよ」「…ふー...全文を読む

PageTop▲

こぼれ話プチ 三角関係?その2

落書き

2021.03.09 (Tue)

 元代表トライアングルの場合(素材お借りしました)本気じゃないけどちょっぴり本気な要と、本気と書いて"マジ"と読む智紀と、やれやれなセンパイ。たぶん要が「もういーや」と離れたら、智紀はくっつき続けられないでしょうね。そういう意味では要に感謝したほうがいいぞ(゚∀゚)...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その3

小説

2021.03.07 (Sun)

 お疲れ様の代わりに贈る その3*****食事中、会話は一度も止まらなかった。久方ぶりに会う中学の同級生じゃあるまいし、ものすごい事だなと互いのおしゃべりっぷりに感服しつつ、食べ終わった食器を片付けようとしたら「今日は俺がやる」と言われた。さすがに断ろうとしたが「いいって」と押し切られ、それ以上言えることもなく、結果任せることになった。シンクに重ねられた一人分の食器を見てぽつりとこぼす。「なんか、至れり...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その2

小説

2021.03.06 (Sat)

 お疲れ様の代わりに贈る その2*****「どうしような…たいした食材ないから冷凍で済ませようと思ってるけど」「ふーん。ねえ、冷蔵庫見ていい?」「どうぞ」いつもは言わなくても見るのに、と彼の飲んでいるCCレモンをみて思う。それも冷蔵庫に置いていったやつだろう。勝手に飲んでやろうかなといたずら心が過る前にやってくるので手は出していないが。片手でカパっと開き「うーん」となにやら唸りながら中身を覗いている。とくに...全文を読む

PageTop▲

お疲れ様の代わりに贈る その1

小説

2021.03.05 (Fri)

 本編の「お疲れ~」から始まるお話の続きです。お疲れ様の代わりに贈る その1*****今週の仕事を収め、帰宅する。金曜日というのは、明日は羽を伸ばせる!という解放感とともにどうしても蓄積された疲労が顔を出す日だ。本来なら、ひとりのんびりと疲れを取りたい曜日ではあるけれど、今日は約束がある。(8時に来るんだったか)ネクタイを引き抜いて椅子にかける。濃紺のさりげない織柄が入っているデザインのそれはノーブルな...全文を読む

PageTop▲

22話 試した理由を問いたい

この恋、終わるか始まるか。

2021.03.03 (Wed)

 22話 試した理由を問いたい*****外はしとしとと雨がふっていた。この部屋は窓が大きい。降り注ぐ雨の音すらも聞こえそうなほど、外の景色がよく見えた。たいして進んでいないレポートに向かい、ぼんやりとしていたとき。ばたんと扉が開いた。「…相沢」「お疲れ様です。宮先輩さん」滞りなく口にできた要ってえらくないか?扉の前に立っていたのは、宮悠一だった。相変わらず高身長と厳しい目つきに、機嫌悪いのかなと思ってしま...全文を読む

PageTop▲

心の準備をしておこう…

LINE その②

2021.03.02 (Tue)

 以前の「お疲れ~」から始まる話とつながっています。心の準備をしておこう…...全文を読む

PageTop▲

21話 すみませんでした

この恋、終わるか始まるか。

2021.03.01 (Mon)

 21話 すみませんでした*****「試すような真似をして、すみませんでした」がちゃりと扉が閉まる。それを合図に用意していた言葉を口にした。相手は、もちろん宮センパイだ。謝ったのは、智紀に言われたからではない。礼を欠いている自覚はあったし、彼に悪意がないことも。要が最初から心を開ける人間であれば、皆に面倒な思いをさせずに済んだのだ。どうにか震えなかった声で詫びる。悠一はその場で静止したと思ったら、ゆっく...全文を読む

PageTop▲

前月     2021年03月       翌月

Menu

プロフィール

ハルハル

Author:ハルハル
オリジナルのBL作品を載せています。
少しでも楽しんでいただけると、幸いです。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る